ビズリーチは即戦力になる人材を獲得する機会を広げることができる、企業にとってはたいへん有効なサービスといえます。

類似のサービスとしては全国各地に人材紹介会社がありますが、こうした会社は求職者との間をコンサルタントなどの役目の人が仲介するしくみになっているため、求職者とは直接的なコンタクトをとることができない点がネックですし、コンサルタントの力量に任される部分も多いのも気になるところです。

また求人広告とも似ている点がありますが、こちらは求職者からの応募を一方的に待つだけの存在ですので、やはりビズリーチのしくみとは異なります。ビズリーチは求職者が登録されている人材データベースを、それぞれの企業の採用担当者に開放している点に大きな特徴があります。

人材紹介会社や求人広告のような他のサービスとは違って、単に紹介や応募を待つだけではなく、自社のカラーや求める人材の要件にあてはまる求職者をピックアップして、直接的にコンタクトをとることができるようになっています。

データベースにはさまざまな職務経歴の情報が登録されていますので、たとえば最終学歴やマネジメント経験、英語などの外国語能力などのさまざまな指標から検索をすることが可能です。

企業側として必要になるコストは、月額で人材データベースを利用するための固定的な料金と、採用された場合の成果報酬の料金となっていますので、他のサービスよりもコスト面でも有利な部分があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *